スポンサードリンク

2011年07月09日

小中学生の学習障害について

子供の教育を考える時、難関校への進学を目指して学習塾などを
検討するのが普通ですが、子供が学習障害の場合は、考えていく
教育環境が異なり分からないことが次から次と出てきます。

子供が学習障害と考えられる場合は、専門の教育をしていく必要が
あります。今回は小中学生で学習障害がある場合の対応の仕方に
ついてお伝えしたいと思います。


小中学生になると、子供が生活する場所が家庭から学校へと変化します。
保育園や幼稚園でも友達や先生との関わりがありましたが、学校に
行くことで人間関係はさらに広がるとともに、校舎そのものも大きく
なります。

また、学校では時間割などの決まりごとが数多くあり、やらなければ
いけないことがたくさん出てきます。
そんな中、学習障害の子供は授業中にじっとイスに座っていることが
できなかったり、着替えや給食を食べるのが遅い、整理整頓ができない、
先生の指示に従うことができないなどの問題が見られるようになります。

他にも、悪ふざけばかりしたり、友達に暴力を振るってしまうなどの
トラブルを起こす子供も少なくありません。
学習面では、日時や時間を理解できなかったり、文章をスムーズに
読めない、計算ができないなど様々な問題が見受けられます。

決まりごとが数多くあることで、小中学生になると、他の生徒との
比較によって学習障害が目立ちやすくなります。
子供の生育環境を整えていくためには、家族や周りの人たちの理解が
必要です。周囲の人たちが学習障害のことを理解してあげることが
大切になります。

親は、学習障害の改善の訓練をメインにするのではなく、子供との
心の繋がりを大切にした方がいいでしょう。
小中学生の学習障害は、家族の協力だけでなく、専門医を始め、
学校の先生とも連携をとって、子供に働きかけていくことがとても
大切なこととなります。
多動だったり、情緒不安定の場合には、児童精神科医によって
薬物療法を行う場合もあります。


子供が進学校へ進むような時も、また学習障害の場合でも大切なのは
お母さんの優しさだと思います。
子供は母親の愛を受けて成長していきますので、学習障害であっても
お母さんは優しい存在であって欲しいと思います。
posted by syoin at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。