スポンサードリンク

2011年06月11日

小学校受験に習い事は続けるべき?

小学校受験は勉強だけでは不十分という意見があります。

勉強は出来るけど、運動は嫌い!などと言う子供よりは、
元気で運動が出来て活発な上、勉強も出来る方がいいに決まっています。
昔風に言うと「文武両道」となるようにするため、子供を習い事や
スイミングスクールに通わせるケースが多いのですが、小学校受験と
どう併用していけばいいかがポイントとなるように思います。

小学校受験で学習塾以外に習い事はどうしたらよいのか、について
お伝えします。


小学校受験対策でどれだけ忙しいかは、その小学校の難易度にもよります
からケースバイケースでしょう。体操やスイミングは小学校受験に役に立つ
という見方もありますし、体力作りにも繋がります。

いずれにしても、志望する小学校が習い事に関してどのように判断するか、
受験にはどう有利になるかをよく調べる必要があるかもしれません。
小学校受験が終わるまでは、かなりのハードスケジュールです。
何を優先させるか、何が今必要かをよく考えて、子供に負担がかからない
ようにスケジュールを組んであげた方がいいですね。


小学校受験を目指していると、幼児教室やお受験塾に通っている場合が
多いと思いますが、それ以外にどんな習い事をしているのでしょうか?

お受験塾に通うだけでも大変なのに、さらに習い事なんて、とても大変
そうですよね。ただ、お受験塾に通う以前から、習い事だけはさせていた
というケースも多いようです。

調べてみたところ、塾以外の習い事として多いのは、ピアノとスイミング
でした。他にも、体操やバレエというのもありました。

幼児にとってはハードスケジュールですが、ピアノやスイミングについては、
同時進行で上手くスケジュールに組み込んで続けている場合が多いです。
特に週一回の習い事であれば、上手くスケジュールに組み込みやすいみたい
ですね。

受験対策であまりにも忙しくて習い事を続けるのが難しいという場合には、
受験に関係ありそうな習い事だけ継続し、後は受験が終わるまでお休み
させるケースも少なくないようです。


習い事は忙しいから止めるという考え方と、忙しいけど時間を効率よく
使って何とか続けていくと言う考え方があります。
家庭によって事情は違うでしょうが、子供が負担にならない程度で
多少過負荷にしても大丈夫なように思います。
posted by syoin at 05:00| Comment(11) | TrackBack(0) | 子供の習い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。